情報管理
Online ISSN : 1347-1597
Print ISSN : 0021-7298
記事
JPCOARスキーマの策定:日本の学術成果の円滑な国際的流通を目指して
大園 隼彦片岡 朋子高橋 菜奈子田口 忠祐林 豊南山 泰之
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2018 年 60 巻 10 号 p. 719-729

詳細
抄録

日本国内において,機関リポジトリに登録されたコンテンツのメタデータは,junii2を標準的なメタデータスキーマとして,国立情報学研究所(NII)の学術機関リポジトリデータベース(IRDB)を介して広く流通している。近年の学術情報流通をめぐる国際的な状況の変化や技術的な発展に対応し,日本の学術成果の円滑な国際的流通を図るため,オープンアクセスリポジトリ推進協会(JPCOAR)では,junii2に代わる次世代のメタデータスキーマとして,2017年10月に「JPCOARスキーマ ver1.0」を公表した。本稿では,策定過程での議論も含め,新しいメタデータスキーマの考え方と概要を紹介する。

著者関連情報
© 2018 Japan Science and Technology Agency
前の記事 次の記事
feedback
Top