情報管理
Online ISSN : 1347-1597
Print ISSN : 0021-7298
記事
千年カルテプロジェクト:本格的日本版EHRと医療データの2次利用に向けて
吉原 博幸
著者情報
ジャーナル フリー HTML

60 巻 (2017) 11 号 p. 767-778

詳細
本文(HTML形式) PDFをダウンロード (3178K) 発行機関連絡先
抄録

EHR(Electronic Health Record)の始まりは1995年の医療情報共通規格(MML: Medical Markup Language)の検討開始にさかのぼることができる。2001年に,MMLをデータベース構造としたEHRが開発され,熊本,宮崎,東京,京都へ拡大していった(Dolphin Project)。その後,国家レベルでの医療情報管理の必要性が認識され,医療情報の2次利用のニーズとも相まって,2015年にDolphin Projectの国レベル版である「千年カルテプロジェクト」が始まった。2018年度までの4年間で接続病院を十分に増やし,2019年度から始まる医療情報の2次利用に備える。2次利用の収益による補助金に依存しないEHR部門も含めた独立採算を目指している。

著者関連情報
© 2018 Japan Science and Technology Agency
次の記事

閲覧履歴
feedback
Top