情報管理
記事
超スマート社会(Society5.0)実現に向けて:CPS/IoTとその後
山田 直史高島 洋典木村 康則
著者情報
ジャーナル フリー HTML

60 巻 (2017) 5 号 p. 325-334

詳細
本文(HTML形式) PDFをダウンロード (2675K) 発行機関連絡先
抄録

IoT(Internet of Things)とCPS(Cyber Physical Systems)は共に,物理的な世界とサイバー空間とを融合させることで,世の中に新しい価値を生み出す。本記事では,まず,IoTとCPSに関して,国内外の企業や政府等における具体的な事例を紹介する。次に,第5期科学技術基本計画において,その実践が提唱された「超スマート社会」(Society 5.0)と,その実現に向けたプラットフォームの概要について述べる。さらに,その基盤となる技術の体系化を行い,CRDS(研究開発戦略センター)が作成した研究開発の俯瞰報告書を踏まえて,今後の研究開発課題について述べる。

著者関連情報
© 2017 Japan Science and Technology Agency
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top