情報管理
記事
ガスコージェネレーションを中心とした「ディマンドリスポンス」の取り組み
福井 浩二
著者情報
ジャーナル フリー HTML

60 巻 (2017) 7 号 p. 471-480

詳細
本文(HTML形式) PDFをダウンロード (3206K) 発行機関連絡先
抄録

電力系統の周波数は,発電所の出力を需要に応じて調整することでバランスを保っている。近年,この調整を需要の制御で行う,「ディマンドリスポンス」という取り組みが期待されており,日本においても技術実証や制度設計が進められている。本稿では,ディマンドリスポンスの意義や日本での取り組み状況について触れる。次に,スマートエネルギーネットワーク,新電力への活用,2015年度および2016年度の実証等,大阪ガスがこれまでガスコージェネレーションシステムを用いて取り組んだ実例を紹介する。最後に,今後の市場拡大の可能性を踏まえ,大阪ガスが準備すべき課題について言及する。

著者関連情報
© 2017 Japan Science and Technology Agency
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top