情報管理
記事
ゲノム,エピゲノムからヌクレオームへ:遺伝情報発現制御機構の包括的理解に向けて
木村 宏佐藤 優子
著者情報
ジャーナル フリー HTML

60 巻 (2017) 8 号 p. 555-563

詳細
本文(HTML形式) PDFをダウンロード (2153K) 発行機関連絡先
抄録

生物の遺伝情報はゲノムDNAに刻まれている。ゲノムDNAからいかにして必要な情報を必要に応じて取り出すことができるのか,という問題を解明できれば,生命現象の理解に大きく近づくことができる。遺伝子の発現制御には,DNAに直接結合する転写因子が必須であるが,ヒストンの翻訳後修飾を介したエピジェネティクス制御や細胞核内でのゲノム高次構造なども重要な役割を果たすことがわかってきた。そこで,最近,細胞核を包括的かつ時空間的に理解する「ヌクレオーム(Nucleome)」研究が注目を集めている。ヌクレオーム研究という視点に立ち,顕微鏡解析,ゲノム解析,情報・数理解析を融合させることで,ゲノムの発現制御機構を理解できると考えられている。ヌクレオーム研究は米国ですでに予算措置されている他,ヨーロッパでの動きや国際コンソーシアム発足に向けた活動も進んでいる。わが国でもヌクレオーム研究を推進することが生命科学の発展に重要であると考えられる。

著者関連情報
© 2017 Japan Science and Technology Agency
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top