情報管理
記事
生体内で働く分子ロボットの実現へ:情報媒体としてのDNA分子とDNAコンピューティング
瀧ノ上 正浩
著者情報
ジャーナル フリー HTML

60 巻 (2017) 9 号 p. 629-640

詳細
本文(HTML形式) PDFをダウンロード (5171K) 発行機関連絡先
抄録

本稿では,近年,研究が発展している「分子ロボティクス(分子ロボット工学)」について,基礎から最新の動向まで解説する。分子ロボットは,情報分子DNAを利用したナノテクノロジーであるDNAコンピューター・DNAメモリー・DNAナノ構造形成等の生体分子情報技術を基礎にしており,生体内での計算や,診断・治療,人工細胞構築,大容量分子メモリー,脳型コンピューター開発などへの応用が期待されている。DNAにあまり触れたことのない読者を想定し,本分野を理解するために必要なDNAナノテクノロジーやDNAの塩基配列設計の基礎を簡潔に説明した後,最近の注目研究の動向に加え,われわれの研究グループが近年研究を進めている,DNA分子とマイクロ水滴を利用した,細胞型分子ロボット(人工細胞)の構築を詳しく解説する。

著者関連情報
© 2017 Japan Science and Technology Agency
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top