情報管理
記事
衛星リモートセンシングで海洋空間を知る:水産資源の持続可能な利用のためのアプローチ
齊藤 誠一
著者情報
ジャーナル フリー HTML

60 巻 (2017) 9 号 p. 641-650

詳細
本文(HTML形式) PDFをダウンロード (5524K) 発行機関連絡先
抄録

持続可能な海洋の保全や水産資源の利用・開発には,衛星リモートセンシングや海洋GISを利用した海洋空間の利用・管理が不可欠である。本稿では,これまで開発した衛星リモートセンシングやデータ同化モデルを利用した水産海洋情報システムを概観した。アカイカやスルメイカの短期のピンポイント漁場予測システム,ホタテガイ最適育成海域モデルを紹介した。さらに,気候変動モデルによる中長期のアカイカ漁場予測を紹介した。これらの一連のシステムが持続可能な水産資源管理に貢献し,スマート水産業へ発展し,今後の方向性として,AIやIoTの利用についても言及した。漁具に設置されたIoTセンサーにより蓄積される水産ビッグデータの解析から,漁業者の勘と経験の暗黙知から形式知へとすることができ,後継者問題も解決につながることを期待したい。

著者関連情報
© 2017 Japan Science and Technology Agency
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top