日本視能訓練士協会誌
Online ISSN : 1883-9215
Print ISSN : 0387-5172
ISSN-L : 0387-5172
円柱レンズが奏効した眼性斜頚の一例
江崎 秀子大野 新治
著者情報
ジャーナル フリー

1989 年 17 巻 p. 161-165

詳細
抄録

上下筋異常による眼性斜頚の患者に,頭位矯正目的で円柱レンズを装用させたところ,頭位異常が改善し,同時に上下偏位量も減少した.更に両眼視機能訓練目的で円柱レンズと残余斜視角に対するプリズムを合成し処方したところ,synoptophore Testにおいて矯正前のGrade 1よりGrade 3へと改善した.
今回の上下偏位の改善には円柱レンズの回旋作用が奏効したものと考えられた.今後,症例を重ねて試みられてよい方法と思われ報告した.

著者関連情報
© 日本視能訓練士協会
前の記事 次の記事
feedback
Top