油化学
Online ISSN : 1884-2003
ISSN-L : 0513-398X
硫酸ドデシル=ナトリウムによる油性物質の可溶化溶液の誘電的性質 (第2報)
阿部 正彦荻野 圭三
著者情報
ジャーナル フリー

1982 年 31 巻 9 号 p. 569-573

詳細
抄録

誘電率及び導電率は, 110Hzから1MHzの周波数領域で測定された。可溶化溶液の誘電率は, かなり周波数依存を示した。低周波数領域において, 誘電率は1-オクタノールの可溶化量の減少にともなって増加したが, 高周波数領域では, 逆に1-オクタノールの可溶化量の増加にともない増加した。すべての周波数における交流の導電率もまた1-オクタノールの濃度に依存した。電気二重層を含む球状粒子の半径が誘電率及び導電率の測定から計算された。1-オクタノールの侵入によるミセルの半径は, オクタン酸あるいはオクタンのそれよりも大きかった。可溶化したミセル溶液の導電率の低下は, 油性物質の侵入によって生じるミセル表面の対イオンの電荷密度の変化にかなり関係する。

著者関連情報
© 公益社団法人 日本油化学会
前の記事 次の記事
feedback
Top