油化学
Online ISSN : 1884-2003
ISSN-L : 0513-398X
両親媒性β-シクロデキストリン誘導体による色素塩のクロロホルムへの可溶化
高橋 久雄入夏 裕一田村 晶史太垣 和一郎
著者情報
ジャーナル フリー

1989 年 38 巻 1 号 p. 65-71

詳細
抄録

二つの色素塩, メチルオレンジ (MO) と8-アニリノ-1-ナフタレンスルホン酸アンモニウム塩 (ANS), がクロロホルムに可溶のβ-シクロデキストリン誘導体 (LCD) の存在下, クロロホルムに効率よく可溶化されることを見いだした。可溶化は色素の水溶液からのクロロホルムへの抽出と, 固体MOのクロロホルムへの可溶化によって調べた。LCDの構造上の特徴は14個の第二級ヒドロキシル基が無修飾のまま残っていることと, 7個の第一級ヒドロキシル基が長鎖アルキル基を有するドデシルチオ, ドデシルスルフィニル, ドデシルアミノ基で置換されていることである。可溶化にはクロロホルム中でのホスト・ゲスト錯体の形成が重要であると考えられる。

著者関連情報
© 公益社団法人 日本油化学会
前の記事 次の記事
feedback
Top