油化学
Online ISSN : 1884-2003
ISSN-L : 0513-398X
ニンジン種子油のトリアシルグリセリンの立体構造
高木 徹安藤 靖浩市川 和昭
著者情報
ジャーナル フリー

1995 年 44 巻 11 号 p. 971-976

詳細
抄録

ニンジンDaucus carota L. var. satim DC.種子油のトリアシルグリセリンの立体構造をキラル固定相を用いる高速液体クロマトグラフィーで求めた。種子油は全脂肪酸としてペトロセリン酸 (6-18 : 1) 71, オレイン酸 (9-18 : 1) 12, リノール酸 (18 : 2n-6) 11, パルミチン酸 (16 : 0) 4各mol%を含有した。トリアシルグリセリンは, sn-1, 2, 3に6-18 : 1の38, 23, 40 %, 9-18 : 1の21, 66, 13%, 18 : 2n-6の20, 65, 15 %をそれぞれ含有した。ニンジン種子油の主要トリアシルグリセリン成分とその含量は (6-18 : 1) (6-18 : 1) (6-18 : 1) 32~48%, (6-18 : 1) (9-18 : 1) (6-18 : 1) 17~25%, (6-18 : 1) (18 : 2n-6) (6-18 : 1) 15~ 22 %であった。ペトロセリン酸はニンジン種子油トリアシルグリセリン中では, 通常の種子油中の16 : 0, 18 : 0 と類似して, sn-1, sn-3位に優先的に分布した。

著者関連情報
© 公益社団法人 日本油化学会
前の記事 次の記事
feedback
Top