日本油化学会誌
Online ISSN : 1884-1996
Print ISSN : 1341-8327
ISSN-L : 1341-8327
輸入及び国産焼き菓子類のトランス脂肪酸組成の比較
越智 知子木下 葉子太田 千穂丸山 武紀新谷 〓菅野 道廣
著者情報
ジャーナル フリー

1996 年 45 巻 3 号 p. 275-283

詳細
抄録

輸入品及び国産品のビスケット類に含まれているトランス脂肪酸量について調査した。
1) 総トランス酸含量には輸入品及び国産品ともかなりの幅があった。主たるトランス酸は輸入品及び国産品ともt-18 : 1 であった。また, 輸入品の1銘柄と国産品の3銘柄から魚油硬化油に由来する少量の t-20 : 1, t-22 : 1が検出された。
2) 輸入品の多くの試料はトランス酸を20%以上含み, 国産品の多くの試料のトランス酸は 15% 以下で, トコトリエノールが検出された。このことは輸入品は植物硬化油を多く配合し, 国産品はパーム油と植物硬化油を混合して用いることが示された。
3) 各試料の1サービング当たりのトランス酸含有量は輸入品では 0.26~1.78, 国産品では 0, 40~1, 05 と算出された。日本人の1人1日当たりのビスケット摂取量から求めたトランス酸の摂取量は230 (輸入品) ~140 (国産品) と見積もられた。

著者関連情報
© 公益社団法人 日本油化学会
前の記事 次の記事
feedback
Top