日本油化学会誌
短鎖脂肪酸の生理活性
坂田 隆市川 宏文
著者情報
ジャーナル フリー

46 巻 (1997) 10 号 p. 1205-1212

詳細
PDFをダウンロード (1721K) 発行機関連絡先
抄録

大腸内細菌は酢酸, プロピオン酸, 酪酸のような短鎖脂肪酸をつくる。大腸内での短鎖脂肪酸生産の主要な制御要因は基質の種類と流入速度, 大腸内での内容物の滞留速度である。短鎖脂肪酸は大腸上皮細胞の主要エネルギー源であるとともに, 全身のエネルギー収支に貢献する。また, 短鎖脂肪酸は大腸での水や溶質の吸収, 大腸粘膜の血流, 腸上皮増殖, 腸運動, 膵臓外分泌などの機能に影響する。

著者関連情報
© 公益社団法人 日本油化学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top