日本油化学会誌
Online ISSN : 1884-1996
Print ISSN : 1341-8327
ISSN-L : 1341-8327
母乳および調製粉乳と乳児の脂質栄養
米久保 明得
著者情報
ジャーナル フリー

1999 年 48 巻 10 号 p. 1025-1031,1197

詳細
抄録

母乳および調製粉乳と乳児の脂質栄養
母乳は乳児の発育と発達にとって最善の栄養法である。しかし, 母乳が十分分泌されない場合や社会的および医学的に母乳を与えられない場合などには, 母乳栄養が必ずしも可能ではない。このような場合には母乳に変わりうる唯一の食品が調製粉乳である。母乳中にはリノール酸, アラキドン酸, α-リノレン酸, DHAなどの高度不飽和脂肪酸が十分含まれている。DHAなどの脂肪酸バランスが日本人母乳並に整った調製粉乳が現在開発されている。成熟児における高度不飽和脂肪酸の意義が視覚能力などの評価により, ラットで得られたDHAの効果を支持する内容が得られつつある。

著者関連情報
© 公益社団法人 日本油化学会
前の記事 次の記事
feedback
Top