労働安全衛生研究
Online ISSN : 1883-678X
Print ISSN : 1882-6822
ISSN-L : 1882-6822
技術解説
ストレス症状低減と生産性向上のためのセルフケア—マインドフルネスとアクセプタンスに基づく教育—
土屋 政雄馬ノ段 梨乃北條 理恵子
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 10 巻 1 号 p. 19-23

詳細
抄録

ストレスチェック制度の開始により,労働者のセルフケアに対する関心も高まっていくことが予想される.制度のねらいから,生産性向上を視野に入れたセルフケアの普及が望まれる.本稿では,「マインドフルネス」や「アクセプタンス」といった概念を用いた方法について,その特徴,科学的根拠,実施する際の参考となる情報などを解説する.先行研究よりマインドフルネスについてはすでに多くの研究が行われているが,アクセプタンスに関する研究は数が少なく,途中段階であることが明らかとなった.ストレス症状低減についてはどちらも一定の効果が期待されるが,生産性向上についてはさらなる研究の蓄積が必要と思われる.

著者関連情報
© 2017 独立行政法人労働安全衛生総合研究所
前の記事 次の記事
feedback
Top