日本整形外科スポーツ医学会雑誌
Online ISSN : 2435-5828
Print ISSN : 1340-8577
発育期サッカー選手における股関節周囲筋の柔軟性低下と有痛性腰椎分離症との関連性について
大嶺 俊充瀧上 順誠藤原 和喜山口 真耶矢部 和樹勝田 紘史
著者情報
ジャーナル 認証あり

2022 年 42 巻 1 号 p. 32-35

詳細
抄録

本研究の目的は,有痛性腰椎分離症を持つ発育期サッカー選手と調査時に腰痛のない発育期サッカー選手を利き足,非利き足別で股関節周囲筋の柔軟性を比較し,有痛性腰椎分離症に関連する筋を明らかにすること.対象は,有痛性腰椎分離症サッカー選手49名と調査時に腰痛のないサッカー選手42名とした.調査項目は属性,分離椎弓高位と片側か両側か,利き足・非利き足の股関節周囲筋(ハムストリングス,大腿四頭筋,腸腰筋)の柔軟性とした.各筋の柔軟性は,当院独自の方法で評価し,ロジスティック回帰分析を用い,有痛性腰椎分離症に関連する股関節周囲筋を分析した.非利き足の腸腰筋の柔軟性低下が,最も有痛性腰椎分離症に関連していた.

著者関連情報
© 2022 一般社団法人日本整形外科スポーツ医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top