作業療法
Online ISSN : 2434-4419
Print ISSN : 0289-4920
実践報告
促通反復療法と神経筋電気刺激の併用療法により,上肢機能,ADLが改善した中心性頸髄損傷患者の一例
藤本 皓也衛藤 誠二徳田 真
著者情報
ジャーナル フリー

2021 年 40 巻 2 号 p. 253-261

詳細
抄録

中心性頸髄損傷の上肢麻痺に対し,標的筋を電気刺激しながら筋収縮を促す,持続的神経筋電気刺激と促通反復療法の併用療法を行った.症例は60歳代男性で,第3-5椎体で脊髄圧迫を認めた.右上肢の手指巧緻性に関して,簡易上肢機能検査8-10の平均所要時間が,14週間の訓練で50.7秒から13.1秒へ,37.6秒短縮した.併用療法終了後は6ヵ月で13.1秒から9.6秒になり,3.5秒の短縮であった.Spinal Cord Independence Measure self-careは,9週間の訓練で9点から19点に,10点改善し,他の治療と同等の改善度を示した.この併用療法は,上肢麻痺やADL改善に有効であることが示唆された.

著者関連情報
© 2021 一般社団法人日本作業療法士協会
前の記事 次の記事
feedback
Top