都市計画論文集
Online ISSN : 2185-0593
Print ISSN : 0916-0647
テキストマイニングを用いたワークショップの討議内容の特徴把握と可視化に関する研究
佐々木 邦明丸石 浩一
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2011 年 46 巻 3 号 p. 1039-1044

詳細
抄録

ワークショップは、まちづくりを進める際の重要なツールになっています。ワークショップがまちづくりにおいて有効であることを示す研究は、これまで多くありましたが、議論の内容自体についての分析は余りなされていませんでした。そこで、本研究では、ワークショップの討議内容を直接的に分析することによって、ワークショップの運営に有用となる情報の導出可能性を検討することを目的としました。分析に用いた方法は、討議内容をテキストと見立てたテキストマイニングです。テキストマイニング手法を富士吉田市の公共交通まちづくりを目的としたワークショップの議論に適用した結果、各WSの議論内容の特徴を単語によって明確に抽出することができました。また自己組織化マップによってワークショップの討議内容を視覚的に把握することが可能になりました。そのマップの特徴と参加者の事後満足度との関連性より、これらの方法を発展させることでワークショップの運営を改善させる可能性を示しました。

著者関連情報
© 2011 公益社団法人 日本都市計画学会
前の記事 次の記事
feedback
Top