都市計画論文集
Online ISSN : 2185-0593
Print ISSN : 0916-0647
ISSN-L : 0916-0647
確率的活動領域に着目した歩行者の速度・角度選択問題
福山 祥代羽藤 英二
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2016 年 51 巻 3 号 p. 688-694

詳細
抄録

本研究では,都市空間上の歩行者移動における時空間利用について,大まかな空間把握に基づき逐次的に通行領域を選択していく行動を表現するモデルを提案する.個人ごとのODを基準とした一般化座標を用いて移動を記述し,OD間の時空間制約下で逐次的に得られる確率的通行領域の効用をもとに,個人が歩行する空間領域を選択するものと仮定する.予め固定されたゾーンではなく,ODベースでの確率的空間を用いることで,歩行者行動データから任意の特徴ある空間範囲を抽出することが可能になる.本モデルについて,歩行者の詳細な時空間軌跡を観測できるプローブパーソンデータを用いて渋谷駅周辺の1km圏程度を対象にした推定を行い,特徴的な行動の傾向を確認することができた.

著者関連情報
© 2016 公益社団法人 日本都市計画学会
前の記事 次の記事
feedback
Top