都市計画論文集
Online ISSN : 2185-0593
Print ISSN : 0916-0647
ISSN-L : 0916-0647
地区計画制度の成立経緯に関する研究
大澤 昭彦桑田 仁加藤 仁美室田 昌子中西 正彦
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2017 年 52 巻 3 号 p. 624-631

詳細
抄録

1980年に創設された地区計画制度は、地区レベルの良好な市街地環境の保全・形成を目的とした計画手法として普及してきた。本研究は、地区計画制度創設の成立経緯に着目し、研究者等による調査研究に始まり、建設省都市局・都市計画中央審議会、住宅局・建築審議会での検討を経て、法改正による制度化へ至る過程とその特徴を分析した。制度の枠組み・構成、策定主体・手続については概ね当初の提案をもとに実現したものの、対象区域や建築規制の拘束力、地区施設整備の担保手段等については、初期段階で想定されていたものと比較し、限定的なものへと変容していったことを明らかにした。

著者関連情報
© 2017 公益社団法人 日本都市計画学会
前の記事 次の記事
feedback
Top