土木計画学研究・論文集
Online ISSN : 1884-8303
Print ISSN : 0913-4034
街路空間要素が自動車走行速度に与える影響に関する研究
橋本 成仁谷口 守水嶋 晋作吉城 秀治
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 27 巻 p. 737-742

詳細
抄録

 住宅地内の道路などではドライバーは街路全体から受ける雰囲気からその道路に適していると感じる走行速度で運転しており、無意識のうちに安全な走行速度で走るような街路を実現することが安全な生活空間を形成する上で重要であると考えられる。そこで本研究では、主に岡山市内の街路54路線において合計1,906台の自動車の走行速度を実測し、速度と街路空間要素の関係を分析した。その結果、自動車の走行速度や速度のばらつきにどの街路空間要素がどれほど影響を及ぼすかを定量的に明らかにした。この結果は、街路空間の改良によって自動車の走行速度をコントロールし得ることを示唆したものと考えられる。

著者関連情報
© 社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top