舗装工学論文集
Online ISSN : 1884-8176
ISSN-L : 1884-8176
低騒音舗装と併用する2重Y型遮音壁の開発
島 広志渡辺 敏幸丸山 暉彦
著者情報
ジャーナル フリー

2002 年 7 巻 p. 3p1-3p9

詳細
抄録

遮音壁の騒音低減効果は, 通常の舗装に比べ, 低騒音舗装においては, 小さい. これは, 両者の騒音低減効果が高い周波数で顕著なためである. 本論文においては, 低騒音舗装においても大きな騒音低減効果を発揮する遮音壁として, 先端がY字状に分岐し, さらに, 再分岐した形状の2重Y型遮音壁を提案する. 境界要素法に基づく計算によれば, 本遮音壁は, (1) 遮音壁に沿った音の伝播の抑制, (2) 分岐壁端部における干渉による音圧レベルの低減に基づく回折音の低減の2つの機構により, 低い周波数から, 大きな騒音低減効果を発揮する. 本遮音壁により道路交通騒音に対して同じ高さの通常型遮音壁対比約5dBの騒音低減効果が見込まれることを, 計算および実際の道路における測定を通じて確認した.

著者関連情報
© 社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top