舗装工学論文集
Online ISSN : 1884-8176
ISSN-L : 1884-8176
反共鳴管を有する小型遮音壁の開発
島 広志渡辺 敏幸丸山 暉彦
著者情報
ジャーナル フリー

2002 年 7 巻 p. 4p1-4p9

詳細
抄録

低騒音舗装と遮音壁の効果を両立させるべく, 幅0.5mに小型化した新型遮音壁を開発した. 2重Y型遮音壁の開発において明らかとなった五角形形状による騒音低減に加え, 反共鳴管を用いることにより, 低い周波数での騒音低減効果の改善を達成した. 境界要素法による効果計算, スピーカ試験を通じて, 反共鳴管を有する新型遮音壁が約3dBの騒音低減効果を有することを確認した. 実際の道路での測定においても, 施工後数ヶ月の排水性舗装に対して約2dB騒音低減効果を示した. また, 本遮音壁は, 吸音材を用いず, その形状により騒音低減を行うものであり, 材質を選ぶことにより, 透光性も確保することが可能である.

著者関連情報
© 社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top