舗装工学論文集
Online ISSN : 1884-8176
ISSN-L : 1884-8176
積雪寒冷地の耐摩耗性を考慮した排水性舗装の配合に関する一考察
高畑 浩二郡司 保雄加藤 義輝
著者情報
ジャーナル フリー

2002 年 7 巻 p. 5p1-5p6

詳細
抄録

排水性舗装は、その普及展開に伴いさらなる高度化が求められている。中でも、積雪寒冷地域への適用においては、摩耗抵抗性が重要な課題となっている。著者らはこれまでに、排水性舗装のラベリング試験の結果と各種特性の要因の関係を見いだし、摩耗抵抗性を備えた排水性舗装の望ましい材料・配合条件を検討してきた。本報告では、その後実施された配合設計のデータをもとに、これを補足し摩耗抵抗性に関して再考察を行った。また、高度化技術として検討されている小粒径の排水性舗装や表面空隙にレジンモルタルを充填した排水性舗装についても、その摩耗抵抗性を検討した。その結果、望ましい使用骨材とバインダならびに配合上の方向性をみいだすことができた。

著者関連情報
© 社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top