ペット栄養学会誌
Online ISSN : 2185-7601
Print ISSN : 1344-3763
一般演題
ネコが反応を示すマタタビ中の揮発性成分の検索
大江 智子大畑 素子有原 圭三
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 16 巻 Suppl 号 p. Suppl_52-Suppl_53

詳細
抄録

ネコは、マタタビに含まれるイリドミルメシンやアクチニジンなどの揮発性成分に対し、特徴的な反応を示す。本研究では、ネコが反応を示すマタタビ中の新たな成分の検出を目的とし、高真空香気蒸留法およびガスクロマトグラフ質量分析(GC-MS)装置を用いて検討した。マタタビの葉に含まれるモノテルペン化合物類に着目して同定したところ、7種類が検出された。このうち、ネコの反応との関係性が詳細には判明していないモノテルペン化合物で、標品として入手可能な4種類を用いて、ネコへの曝露実験を行ったところ、プレゴンで反応が確認された。

著者関連情報
© 2013 日本ペット栄養学会
前の記事 次の記事
feedback
Top