日本医療経済学会会報
Online ISSN : 2189-7522
Print ISSN : 1344-9176
地域包括ケア研究の動向と今後の課題
鶴田 禎人
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2017 年 33 巻 1 号 p. 33-40

詳細
抄録

本稿では、計量テキスト分析によって、地域包括ケア研究の動向と今後の課題を明らかにした。まず、地域包括ケア研究が、介護・医療保険制度改革といった政策動向に追従して、量的に増加していることを指摘した。また、内容的には医療、介護、連携、首都圏の分析に偏っており、政策的な展開が不十分である低所得者、周辺地域、住まい、生活支援については研究がほとんど進んでおらず、今後の課題となることを明らかにした。

著者関連情報
© 2017 日本医療経済学会
前の記事 次の記事
feedback
Top