J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

Journal of the Japan Petroleum Institute
Vol. 58 (2015) No. 4 p. 252-255

記事言語:

http://doi.org/10.1627/jpi.58.252

一般論文

日本で大量に生産されるコンブを利用するにあたり,主要成分であるマンニトールの回収は重要である。マンニトールはコンブの水熱前処理によって液相中に回収できるが,処理条件が過酷すぎると生成物であるマンニトールの分解も進行してしまう。水熱前処理の最適条件を決定するためには,マンニトールの分解特性を決定することが必要不可欠である。本研究の目的は,過分解を起こさずにマンニトールを回収するために,水熱前処理条件下におけるマンニトールの分解速度を決定することである。流通式反応器を用いて,マンニトールの分解速度を決定することに成功し,前指数項3.23 s−1,活性化エネルギー26.5 kJ/molを得た。得られた反応速度を用いて,実際のコンブの水熱前処理におけるマンニトールの挙動を平均誤差4.6 %で予測することができた。
Copyright © 2015 公益社団法人石油学会

記事ツール

この記事を共有