Journal of the Japan Petroleum Institute
Online ISSN : 1349-273X
Print ISSN : 1346-8804
一般論文
海洋底泥に固定化された酢酸資化メタノジェンを用いた塩環境下での酢酸からの高効率メタン発酵
喜多 晃久小林 公之輔三浦 豊和岡村 好子秋 庸裕松村 幸彦田島 誉久西尾 尚道中島田 豊
著者情報
ジャーナル フリー

59 巻 (2016) 1 号 p. 9-15

詳細
PDFをダウンロード (1064K) 著者にメールを送る 発行機関連絡先
抄録

海洋底泥を固定化担体および耐塩性酢酸資化性メタン生成菌源として,3 %の塩濃度条件下での固定床型リアクターを用いた酢酸からのメタンの超高速生産を試みた。連続培養試験において,16.2 d−1の希釈率および3 %の塩濃度下で750 mM d−1の最大メタン生産効率が得られた。その際の酢酸除去率は77 %であった。走査型電子顕微鏡による観察の結果,グラニュールの形成およびMethanosaeta様の糸状微生物,Methanosarcina様の球菌が確認された。これらの結果から,海洋底泥は耐塩性メタン発酵の微生物源としてだけではなく,酢酸からの超高速メタン生産を可能とする固定化担体としても優れていることが示唆された。

Fullsize Image
著者関連情報
© 2016 公益社団法人石油学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top