Journal of the Japan Petroleum Institute
Online ISSN : 1349-273X
Print ISSN : 1346-8804
一般論文
水熱条件下におけるグルコース分解のin-situ質量分析—反応速度解析のための定量分析—
Duangkaew Pattasuda井上 修平秋 庸裕中島田 豊岡村 好子田島 誉久松村 幸彦
著者情報
ジャーナル フリー

60 巻 (2017) 2 号 p. 101-109

詳細
PDFをダウンロード (946K) 著者にメールを送る 発行機関連絡先
抄録

水熱条件下におけるグルコースの分解特性を解明するために,管型回分式反応器を自家製コネクタで四重極質量分析装置に接続したin-situ質量分析法を設計 · 開発した。本分析装置を用いてグルコースを140~220 ℃で2.5~20 min水熱処理し,得られた液体生成物を分析したところ,高温ほどグルコースは高い分解率を示すことが確認された。また,5-ヒドロキシメチルフルフラールならびに他の低分子量の酸が存在し,その濃度が180 ℃以上で増加することが確認された。さらに,グルコースの反応経路を提出し,1次反応を仮定して各反応の反応速度定数を決定した。

Fullsize Image
著者関連情報
© 2017 公益社団法人石油学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top