J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

石油学会誌
Vol. 29 (1986) No. 1 P 60-65

記事言語:

http://doi.org/10.1627/jpi1958.29.60


残油FCC触媒を選定する際の指針を得る目的で, 残油を分解した時の生成物の選択性と触媒の性状との関係について検討した。スチーム処理により疑似平衡化した三種類の市販触媒についてパイロットテストを実施した結果, 生成物の選択性には触媒マトリックスの細孔分布が大きく影響していることが明らかになった。これは, 残さ留分の分解は, 液状でマトリックスの細孔内に拡散し, 細孔表面上で比較的小さな分子へ予備分解したのちに, ゼオライト上で最終生成物へと分解するためである。残油FCCにおいては, 原料油の残さ留分の平均分子サイズに対応した細孔径範囲に多くの細孔が分布しているような触媒を選定する必要がある。

Copyright © 公益社団法人石油学会

記事ツール

この記事を共有