J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

薬学図書館
Vol. 52 (2007) No. 3 P 270-276

記事言語:

http://doi.org/10.11291/jpla1956.52.270


COUNTER準拠の利用統計レポートをいかに効率的に収集し, その分析に多くの時間を費やすか。COUNTER登場以来の課題に取り組むため, 現在米国情報標準化機構(NISO)のイニシアティブであるSUSHI(Standardized Usage Statistics Harvesting Initiative)が新たにプロトコルの策定を進めている。本稿では, SUSHIの活動およびSUSHIプロトコルの概要を解説し, 電子情報資源管理システム(ERMS)が可能にする利用統計レポートの活用事例もあわせて紹介していく。

Copyright © Japan Pharmaceutical Library Association

記事ツール

この記事を共有