植物学雑誌
Online ISSN : 2185-3835
Print ISSN : 0006-808X
ISSN-L : 0006-808X
えのきぐさノ胚嚢ノ發育及ビ授精ニ就テ (豫報)(第十五-十七圖版)
立石 新吉
著者情報
ジャーナル フリー

1927 年 41 巻 487 号 p. 477-485

詳細
抄録

1. えのきぐさ Acalypha australis L. ノ大胞子母細胞ハ tetrads ニ分割サルヽコトナク、核ノミ母細胞内ニ於テ四囘ノ分裂ヲ經過シテ十六核ヲ生ジ、コレ等ノ核ハ全部一個ノ胚嚢ノ構成ニ與ル。即チコノ胚嚢ハ四胞子性 (tetrasporic) デアル。
2. 大胞子母細胞核ノ減數分裂ノ結果出來タ四核ハ全然母細胞中ニ游離シ、ソレ等ノ間ニハ細胞膜又ハソノ痕跡スラ形成サレナイ。之等四核ガ靜止ノ状態ニ達シタ時ニハソノ各ハ Kinoplasmie fibres ヲ以テ連絡サレテ居ル。
3. Acalypha ノ十六核胚嚢ハ大戟科中ノ他ノ屬ノ或植物ニ見ル樣ヲ單胞子性四核胚嚢四個ガ合成シタモノニ相當スルト考フ可キデアラウ。
4. えのきぐさニ於テハ四個ノ極核ハ卵細胞ノ受精ガ起ルマデハ相接着シタマヽ各ソノ固有ノ形ヲ保ツテ居ツテ、受精ヨリ早ク癒合スル樣ナコトハナイ。

著者関連情報
© 公益社団法人 日本植物学会
前の記事 次の記事
feedback
Top