植物学雑誌
Online ISSN : 2185-3835
Print ISSN : 0006-808X
ISSN-L : 0006-808X
蘭領ニユーギニヤ採集植物 VII
金平 亮三初島 住彦
著者情報
ジャーナル フリー

1942 年 56 巻 663 号 p. 105-119

詳細
抄録

クノニア科
Aistopetalum tetramerum K. et H. 本屬ハニユーギニヤノ特産デ從來舊獨逸領カラ2種知ラレテヰタガ今囘更ニ一種ヲ發見シタ。SCHLECHTER ハ屬ノ特徴トシテ花ハ5數, 葉ハ3出トシテヰルガ, 面白イ事ニハ本種デハ葉ハ通常5個ノ少葉ヲ有スル羽状複葉 (稀ニ3出) デ花ハ4數 (極メテ稀ニ5數) ヨリナル點ガ異ナツテヰル。
Betchea aglaiaeformis K. et H. 本屬モニユーギニヤ特産デ從來2種知ラレテヰタガ今囘第3番目ノ種類ヲ海拔1900米附近ノアンギ(男湖)湖ニ注グイライ河ノ河岸林内デ發見シタ。一番近イノハ B. rufa SCHLTR. デアルガ, 本新種デハ葉ニ鋸齒ガアリ, 先端ハ鋭頭, 小枝, 葉ニ黄色ノ密毛ガアリ, 雄蕊ハ長ク, 柱頭ハ5裂 (彼ハ3製) シ、花瓣ノ背面ニ毛ヲ有スルノデ容易ニ區別出來ル。
Ceratopetalum 本屬ハ濠洲系ノ植物デ濠州ニ4種, ニユーギニヤニ一種知ラレテ居ル。
Opocunonia papuana K. et H. 本屬モニユーギニヤノ特産デ從來3種知ラレテヰタガ今囘ナビレ附近ノ低地林ニ更ニ一種ヲ發見スル事ガ出來タ。一番近イノハ舊獨領産ノ O. kaniensis SCHLTR. デアルガ本新種デハ花瓣ガ著シク短イ點デ一見區別出來ル。
Pullea sp. 本種ハアンギ(女湖)湖畔ノ森林内デ採集シタガ, オシクモ花モ實モナイ標本デアル。然シ一般的樣子カラ見テ Pullea 屬ニ屬スル事ハ間違ナイ樣デ, P. mollis SCHLTR. ニ最モ近イ新種ト考ヘル。若シ萬一本屬デナイトスレバ次ノ Spiraeanthemum 屬カモシレナイ。
Spiraeanthemum Pulleanum SCHLTR. 本種ハアンギ湖附近ノ乾燥シタ尾根通リノ硬葉灌木樹林内ニ普通デ, 葉縁ガ著シク内曲シ上面ガ泡状ニ凸凹シテヰルノガ特微デアル。GIBBS 女史ハ1917年 S. buttatum GIBBS ヲ記載シタ時, 既ニ SCHLECHTER ガ1914年ニ S. Pulleanum SCHLTR. トシテ種ノ檢索表内ニ發表シタモノヲ見テヰナイラシク, 本種トノ比較ハ何等擧ゲテヰナイガ, 兩種ガ同一物ナル事ハ疑ナイ。花ハ4又ハ5數ノモノガ同一花序内ニ見ラレルノデ此點ハ兩種ノ區別點トハナラナイ。
Schizomera homaliiformis K. et H. 本屬ハ北濠 (一種), アンボン島 (一種), ニユーギニヤ (6種) ニ分布シ, ソノ分布ノ中心地ガニユーギニヤナル事ハ容易ニ想像スル事ガ出來ル。本種ハニユーギニヤ産ノ S. floribunda SCHLTR. 及アンボン島ノ S. serrata HOCHR. ニ近イガ前者トハ葉ガ大キク, 楔脚デ, 花序ハ常ニ葉ヨリ短カク, 蕚片ハ幅廣ク内面無毛ナル點デ區別出來ル。後者ハ記載ニヨレバ花序ガ疎デ, 花モ大分大イノデ同一種トハ考ヘラレナイ。
Weinmannia hypoglauca K. et H. 本屬ハ Cunoniaceae ノ内デ最モ大キナ屬デ, ソノ種類ハ全種數ノ約半數, 即チ126種ヲ占メ南ハ南米, メキシコ, マダガスカル島及附近ノ島々, ニユーカレドニヤ, フィージー, タヒチ, 爪哇カラ北方ハボルネオ, モルツカ群島, 比島迄北上シテヰル。ニユージーランド及濠洲ニ全然産シナイノハ面白イ。
本種ハ舊獨領ニユーギニヤ産ノ W. tomentella SCHLTR. ニ最モ近イガ, 葉ハ3~5個ノ小葉カラナリ, ソノ裏面ハ粉白デアルコト, 雄蕊及花柱ガ著シク長イコト, 蕚ハ狹ク無毛デ先端ガ著シク尖ツテヰルコトデ一見區別出來ル。
利用 本科ノ植物ハ全部木本ヨリナリ, 大喬木トナリ硬材ヲ産スルモノガ多イ。殊ニ Ceratopetalum 屬ニハ有名ナ硬材ヲ産スルモノガアルカラ本屬ニ屬スル C. tetrapterum MATT. モ同樣ニ有用材ヲ産スルモノト考ヘル。Opocunoia papuana K. et H. モ30米以上ノ大喬木トナルノデ有用材ヲ産スルデアラウ。Weinmannia 屬ノ或種類ノ樹皮カラハ赤色染料ガ採レル。又濠洲産 Schizomera 屬ノ果實ハジヤムノ原料トシテ上等ナモノトサレテヰル。

著者関連情報
© 公益社団法人 日本植物学会
次の記事
feedback
Top