植物学雑誌
Online ISSN : 2185-3835
Print ISSN : 0006-808X
ISSN-L : 0006-808X
金平•初島採集ニユーギニヤ植物研究 XIII
初島 住彦
著者情報
ジャーナル フリー

1942 年 56 巻 669 号 p. 421-429

詳細
抄録

みくり科 本科ノ植物ハニユーギニヤデハ未記録デアツタガ今囘アンギ湖ノ湖畔ニ内地ノみくりニ近イ一種ヲ發見スルコトガ出來タ。採集品ハ花モ, 果實モナイ標本デ種ノ決定ハ困難デアルガみくり類ナルコトハ間違ナイ。濠洲ニハ Sparganium angustifolium L. ガ知ラレテヰルガ Angi 地方産ノモノハ葉ガ大分廣ク同一物デハナサ相デアル。
とうづるもどきアジヤノ熱帶地方ニ普通ナとうづるもどきノ外, 基本種ニ比シ葉ガ著シク狹ク葉縁ノ中部以下ニ鋸齒状ノ突起アル一變種ヲダルマン地方デ發見シタ。ミクロネシヤニモアル Hanguana malayana MERR. ハ今囘ノ採集地デハ極メテ稀デダルマン地方ノ Agathis 林内ニ貧弱ナモノヲ 2~3 株見受ケタニ過ギナカツタ。
Centrolepidaceae Centrolepis novo-guineensis GIBBS 本屬ハ濠洲系ノ植物デ他デハニユーギニヤ, ボルネオ, 比島, 佛印ニ夫々一種宛産スルニ過ギナイ。水邊ニ多イ團塊植物ノ一種デ高サ一寸内外ノ植物デアル。
とうえんさうXyris novo-guineensis HAT. GIBBS 女史ニヨリ X. paucifloraWILLD. ト鑑定サレテヰタモノデアルガ, スマトラ産ノ X. sumatrana MALME ニ最モ近イ別種デアル。莖ノ縱稜ノ多イコト, 葉ノ短イコト, 側方蕚片ガ廣イノデスマトラ産ト區別デキル。
ほしくさEriocaulon leucogens RIDL. 内地ノごましほほしくさヲ思ハセル種類デ生育地ニヨリ大サノ變化ガ激シイコトハ内地産同樣デアル。
つゆくさ科 總テ低地林ノ植物デ廣分布ノ種類ガ多ク固有種ハ少イ。
とうしんさう科 ゐ及 Juncus articulatus L.ノ二種ガアンギ地方ニ見ラレタ外採集ハシナカツタガ Luzula campaestris L. ヲ思ハセル sterile ノ植物ヲアンギ地方ライ河ノ河岸ノ岩石上ニ發見シタ。
ひがんばなCurculigo recurvata AIT. ハ低地林内ニ普通ニ見ラレ, 印度方面ノ産デ從來ニユーギニヤニハ未記録デアツタ C. latifolia var. villosa BAK. ヲ今囘ダルマン地方デ發見シタ。葉ハ長サ4~5尺ニモナリ裏面ニ白毛ガ密生シテヰル
やまのいも科 本科ハ總テ低地林ニ限ラレ廣分布ノ種類ガ多イ。Dioscorea dallmanensis HAT. ハ今囘ダルマン地方デ發見シタ新種デ比島産ノ D. grata PRAIN et BURKILL ニ最モ近イガ葉ハ幅狹ク, 花序ハ長ク, 雄蕊ガ大キイノデ區別出來ル。
あやめPatersonia novo-guineensis GIBBS 本屬ハ濠洲系ノ植物デニユーギニヤニ二種, ボルネオ及比島ニ夫々一種宛知ラレテヰル。本種ハ高サ5寸内外デ葉ハ硬ク, 密ニ重リ合ツテ出ル。アンギ湖附近ノ乾イタ尾根ノ原野ニ群生シテヰル。
ばせうHeliconia hihai L. 南米原産デ現今デハアジヤノ熱帶地ニ野生化シテヰル。高サ2~3米ニ達シ一見みようが科ノ植物ヲ思ハセル。尚本科デハナビレ附近ノ河岸林内ニ野生ノ Musa sp. ヲ發見シタガ完全ナ標本ガナカツタノデ鑑定不可能デアツタ。
くずうこん科 本科ノ植物ハ通常冲積層上ノ低地林内ニ限ラレ美麗ナ花ヲ着ケルモノガ多イ。Cominsia maxima HAT. ハ今囘モミ附近ノ森林内デ發見シタ新種デ草丈5米ニモ達シ, ソノ大ナル葉ハ長サ1.5~2米, 幅50~80糎ニモ達シ, ソレガ大キナ一本ノ葉柄ノ上ニ頂生シテヰル樣ハ實ニ壯觀デアル。本科ノ植物中デハ恐ラク最大ノモノデアラウ。一番近イノハ C. gigantia K. SCH. デアルガ葉ハ更ニ大キク, 花序有毛ナル點デ容易ニ區別出來ル。

著者関連情報
© 公益社団法人 日本植物学会
次の記事
feedback
Top