植物学雑誌
Online ISSN : 2185-3835
Print ISSN : 0006-808X
ISSN-L : 0006-808X
ベルオキシダーゼ及びカタラーゼ反應に及ぼす透電恒數の影響 (豫報)
殿村 雄治小倉 安之
著者情報
ジャーナル フリー

1950 年 63 巻 750 号 p. 288-290

詳細
抄録

我々はペルオキシダーゼ及びカタラーゼ反應の速度に及ぼす透電恒數の影響を追求し, こら酵素と基質及び受容艦との三重結合物の速度恒数kDの關係が∂lnk/∂ (D-1/2D+1) const.(正の大きい値) で與えられることを見出した。このことから年重結合物の分解反鷹臨界状態においては蛋白構造を通じての電子の移動の結果新に大きい双極子能率が誘起されいることを推定した。

著者関連情報
© 公益社団法人 日本植物学会
前の記事 次の記事
feedback
Top