植物学雑誌
Online ISSN : 2185-3835
Print ISSN : 0006-808X
ISSN-L : 0006-808X
高等植物における葉令と耐乾性との関係 II
酵素活性
高沖 武
著者情報
ジャーナル フリー

1968 年 81 巻 960 号 p. 297-309

詳細
抄録

含水量の異なる土壌に栽培した飼料ササゲの葉から粗酵素液を調整し, 土壌水分の差および葉齢の差による酵素活性の相違を6種類の酵素について比較したところ, α-アミラーゼ, β-アミラーゼ, およびカタラーゼは適湿区で活性が最も高く, それより乾燥しても多湿でも活性は低下する. 葉齢については中間のものが若いものや老令のものに比べて活性が高い. アミロホスホリラーゼ,ホスホモノエステラーゼは乾燥区のものほど, また若い葉ほど活性が高い. パーオキシダーゼ活性は土壌水分による差が顕著でないがやや乾燥区の方が低く, 葉令については若い葉ほど低い.
これらのことから, 乾燥に順致することによって植物はその植物の若い細胞がもっている性質を帯びてくるものと考えられる.

著者関連情報
© 公益社団法人 日本植物学会
前の記事 次の記事
feedback
Top