日本腎臓学会誌
Online ISSN : 1884-0728
Print ISSN : 0385-2385
糖尿病性腎症の新しい早期診断基準
猪股 茂樹羽田 勝計守屋 達美片山 茂裕岩本 安彦堺 秀人富野 康日己松尾 清一浅野 泰槇野 博史
著者情報
ジャーナル フリー

47 巻 (2005) 7 号 p. 767-769

詳細
PDFをダウンロード (276K) 発行機関連絡先
抄録

糖尿病性腎症早期診断基準を改訂した。試験紙法で尿蛋白が陰性, あるいは+1程度の陽性を示す糖尿病症例を対象に, 午前中の随時尿でアルブミンを測定し, 尿中アルブミン値3回中2回以上が30~299mg/gCrであれば微量アルブミン尿と判定する。また, 腎肥大, 尿中IV型コラーゲン値上昇は糖尿病性腎病変の存在を示唆する。これらを参考に非糖尿病性腎疾患由来の微量アルブミン尿を鑑別し, 糖尿病性腎症を早期診断する。

著者関連情報
© 社団法人日本腎臓学会
次の記事

閲覧履歴
feedback
Top