日本泌尿器科学会雑誌
Online ISSN : 1884-7110
Print ISSN : 0021-5287
ISSN-L : 0021-5287
精索原発平滑筋肉腫の1例
吉田 宗一郎川上 理駒井 好信田所 学横山 みなと斉藤 一隆影山 幸雄木原 和徳
著者情報
ジャーナル フリー

2004 年 95 巻 5 号 p. 718-721

詳細
抄録

症例は46歳, 男性. 左精索部無痛性腫瘤触知を主訴に当科を受診. 左精索腫瘍の診断にて, 高位精巣摘除術を施行した. 免疫組織学的に平滑筋肉腫と診断された. pT1bN0M0; 5th TNM分類, Stage IA; 5th AJCC分類, 切除断端陰性, Mitotic index が強拡大10視野あたり4, Ki-67 index が20%と低いことより, 比較的良好な予後が見込まれるため, 追加治療を行わずに経過観察となった. 術後3年経過して再発を認めていない.

著者関連情報
© 社団法人 日本泌尿器科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top