日本泌尿器科学会雑誌
Online ISSN : 1884-7110
Print ISSN : 0021-5287
自傷行為による外傷性精巣脱出症の1例
石引 雄二松村 勉
著者情報
ジャーナル フリー

2006 年 97 巻 1 号 p. 57-59

詳細
抄録

症例は16歳男性. 既往歴は10歳で近医にで性同一性障害の可能性指摘. 11歳で側頭葉てんかん. 2004年4月20日早朝, 睡眠中陰部疼痛で覚醒し, 陰嚢に出血あり. 父親がベッド下にカッターナイフ発見. 当科受診し, 右外傷性精巣脱出症の診断. 右陰嚢切開創より精索に及ぶ陰嚢内容脱出. 手術で陰嚢内容を還納し, 閉創. 術後8日目に退院. 退院後は自傷行為の再発なし, 性器自傷は本邦報告37例と比較的稀である. 自験例はこの内, 最年少であった.

著者関連情報
© 社団法人 日本泌尿器科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top