視覚の科学
Online ISSN : 2188-0522
Print ISSN : 0916-8273
原著
ヘキサゴンドットステレオテストの拡張:立体視の精度と確度
佐藤 雅之三木 彩香玉田 靖明金子 寛彦
著者情報
ジャーナル 認証あり

2017 年 38 巻 4 号 p. 122-127

詳細
抄録

ヘキサゴンドットステレオテストでは,被験者は,六つのドットに囲まれた中央のドットが周囲のドットに対して手前に見えるか奥に見えるかを応答する。本研究では,確度の影響を排除し,精度を測定する方法として,これらのドット群を二組並置する方法を提案した。30名の被験者について,立体視閾,立体視の精度および確度を測定し,その有効性を確認した。また,液晶モニターとアナグリフを用いた本研究の結果と2台のオシロスコープと偏光フィルターを用いた既往研究の結果を比較した。アナグリフはクロストークが大きく,立体視力を過小評価する可能性が考えられるが,実験装置の簡便さには大きなメリットがあり,スクリーニングテストなどの使用目的には有効な方式であると結論した。

著者関連情報
© 2017 日本眼光学学会
前の記事 次の記事
feedback
Top