視覚の科学
Online ISSN : 2188-0522
Print ISSN : 0916-8273
総説
OCT技術の基本を紐解こう
山成 正宏
著者情報
キーワード: 光干渉断層計, 光干渉計
ジャーナル 認証あり HTML

2018 年 39 巻 3 号 p. 37-44

詳細
抄録

OCTが眼底から前眼部まで様々な場面で必須の検査となって久しいが,なぜOCTで断層画像を撮影できるのか,本当に納得している人は少ないのではないだろうか。また,タイムドメインやフーリエドメインといった各方式の違いは何なのか,さらに近赤外光の中でも840 nm帯,1 μm帯,1.3 μmといった特定の波長帯がなぜ用いられるのか,根本的な説明がなされる機会はそう多くない。これらの疑問に答えるには,OCTの原理と技術の基本に一度立ち戻って理解する必要がある。本稿ではOCTの原理と技術について専門家以外にも理解して頂けるよう解説する。

著者関連情報
© 2018 日本眼光学学会
次の記事
feedback
Top