視覚の科学
Online ISSN : 2188-0522
Print ISSN : 0916-8273
原著
電子ホログラフィー視標による調節応答
奥山 文雄水木 健光窪田 英明坂本 雄児
著者情報
ジャーナル 認証あり HTML

2018 年 39 巻 3 号 p. 64-69

詳細
抄録

電子ホログラフィー視標を利用して調節応答を検討するために,ステップ調節刺激と定速調節刺激による調節応答を測定し,実視標と比較した。調節視標には両眼視ができる電子ホログラフィー再生装置を構成して,視角1.5度 × 1.5度のスターバースト視標を使用した。ステップ刺激には1.0 Dから2 Dの刺激を与え,定速屈折刺激は0.67 Dから2 Dまで速度約0.2 m/secの刺激を与えた。結果は,電子ホログラフィーでステップ調節刺激と定速刺激で調節応答を得ることができた。電子ホログラフィーと実視標による調節応答には,差異が認められ,また,被検者による差異が示唆された。

著者関連情報
© 2018 日本眼光学学会
前の記事 次の記事
feedback
Top