日本物理学会講演概要集
Online ISSN : 2189-0803
ISSN-L : 2189-0803
セッションID: 17pS-PS-36
会議情報

希釈三次元ハイゼンベルグ反強磁性体RbMnxMg1-xF3の磁性
横山 太紀浅野 貴行稲垣 祐次岩佐 和晃伊藤 晋一菊池 彦光
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

RbMnF3 は、三次元ハイゼンベルグ反強磁性体の代表的なモデル物質である。Mn2+を非磁性イオンであるMg2+で極端に希釈したRbMnxMg1-xF3(x=0.03,0.15)におけるパルス磁場を用いた磁化測定(T=1.7K, H<40T)が報告されており、単量体や反強磁性二量体では説明することができない階段状の磁化過程が観測されている。この起源を明らかにすることを目的とし、広範な濃度領域での磁気希釈効果の実験的研究を開始した。今回の講演では、交流磁化率、XバンドESR実験の結果を報告する。

著者関連情報
© 2017 日本物理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top