日本物理学会講演概要集
Online ISSN : 2189-0803
ISSN-L : 2189-0803
セッションID: 18pK42-5
会議情報

CERNのその昔のLEPで発生した奇妙な磁場変動の原因はジュネーブ駅を発着する直流電車TGVのコモンモードノイズである
佐藤 健次
著者情報
キーワード: 加速器科学, 電源, 加速器
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

CERNのLEPは電子・陽電子の衝突型加速器で、1989年に運転が開始されたが、運転当初から、偏向電磁石の磁場の奇妙な変動に悩まされていた。1995年になって、この磁場変動は、電車がジュネーブ駅を発着するときに発生することが判明した。ただし、ジュネーブ駅には、フランス国鉄の直流電車TGVと、スイス国鉄の交流電車CFFとが発着するが、磁場変動は前者の電車で発生していた。両者の違いは、コモンモードノイズは、直流電車で大きく、交流電車では小さいことで説明される。

著者関連情報
© 2017 日本物理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top