理学療法教育
Online ISSN : 2436-8008
短報
リハビリテーション専門病院における理学療法士の「働きやすさ」に関する阻害因子
山下 淳一堀本 ゆかり
著者情報
ジャーナル 認証あり

2022 年 1 巻 1 号 p. 1_47-1_52

詳細
抄録

目的:理学療法士の働きやすさに関する阻害因子を明らかにする。対象と方法:当院理学療法士59名を対象に自記式アンケートの横断的調査研究を実施し,内容分析した。結果:働きやすさ低下の原因に関する総データ数は160個であり,サブカテゴリー数は12個であった。カテゴリーは,【業務量に対する不満】,【職場の風土】,【管理者のマネジメント能力の欠如】,【ワーク・ライフバランスの崩れ】,【業務内容に対する不満】,【業務の質に対する不満】の6個が形成された。 結語: 仕事量が多く,業務時間内での業務が終わらないことをベースにコミュニケーションの問題や業務内容に対する不満,業務の質に対する不満が生じており,この部分に対する対策と納得性が重要であると考える。今後も,納得できる働きやすさの実現と働きやすさだけに囚われすぎず,臨床教育および卒後教育においては,自らやりがいを高められる人材の育成に努めたい。

著者関連情報
© 2022 日本理学療法教育学会
前の記事 次の記事
feedback
Top