自動車技術会論文集
Online ISSN : 1883-0811
Print ISSN : 0287-8321
技術論文
乱流格子を用いた風洞模型計測精度向上技術の検討
山口 進作河合 一男福田 亮滝澤 裕樹民部 俊貴飯田 明由
著者情報
ジャーナル フリー

39 巻 (2008) 4 号 p. 4_47-4_52

詳細
PDFをダウンロード (2216K) 発行機関連絡先
抄録

大型トラックの空力開発は、縮尺模型風洞実験とCFD解析の結果を照合しつつ進められる。縮尺模型風洞実験では、一般的に実車走行時のレイノルズ数に合わせて行う事が望ましいとされている。今回は小型模型と小型風洞による低レイノルズ数での実験において、レイノルズ数の影響を増幅させる乱流格子法の適用実験を行った。

著者関連情報
© 2008 公益社団法人 自動車技術会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top