農業機械学会誌
Online ISSN : 1884-6025
Print ISSN : 0285-2543
ISSN-L : 0285-2543
乾燥過程における玄米内部応力の計算 (第1報)
玄米粒内水分移動
山口 信吉山沢 新吾若林 嘉一郎舘谷 敏泰
著者情報
ジャーナル フリー

1982 年 43 巻 4 号 p. 581-587

詳細
抄録

乾燥による米粒の割れ発生機構に関する基礎研究として, 本研究では玄米の乾燥過程における内部応力を推算する。著者らの示した方法で粒内応力を求めるには, 粒内の含水率分布を推測しなければならない。
3報で構成される本研究の第1報では, 玄米の薄層乾燥における粒内水分移動特性を検討した。その結果, (1) 粒の表面は平衡含水率を示す, (2) 粒内水分は含水率勾配に基づく拡散則で移動する, (3) 含水率変化曲線と粒の3軸寸法より有効拡散係数および球相当径が推定される, (4) 粒内温度は乾燥開始後1~2分程度で空気温度にほぼ一致する, などの結論が得られ, これらの結論に基づく粒内含水率分布推定法が示された。
第2報では, ある操作条件での粒内応力変化を計算し, それと割れ観測結果を比較して割れ機構を考察する。第3報では, いくつかの操作条件での粒内応力変化を算出して乾燥の条件などを検討する。

著者関連情報
© 農業機械学会
前の記事 次の記事
feedback
Top