農業機械学会誌
Online ISSN : 1884-6025
Print ISSN : 0285-2543
ISSN-L : 0285-2543
農用トラクタの回転振動に関する研究 (第2報)
後車輪のラグ及び静ばね定数の影響
近江谷 和彦
著者情報
ジャーナル フリー

1988 年 50 巻 2 号 p. 3-10

詳細
抄録

路面の凹凸を主たる振動源とした農用トラクタの回転振動 (ピッチ・ロール・ヨー) と回転振動に影響を及ぼすと考えられる各種パラメータとの関係を明らかにすることを目的とし, 本報ではラグのあるタイヤとしてハイラグタイヤとラグのないタイヤとしてターフタイヤを供試し, 後車輪のラグによって生じる回転振動の測定・解析を行った。また, 空気圧を調整することにより後車輪縦方向の静ばね定数を変え, 静ばね定数の大小と回転振動との関係について検討した。その結果, ラグによって後車輪が多角形の回転体のような挙動を示すことが認められた。特にロール方向の回転振動にラグによる振動が顕著に表れていた。また, 後車輪の静ばね定数が小さくなるに従い角加速度が減少する傾向にあった。

著者関連情報
© 農業機械学会
前の記事 次の記事
feedback
Top