農業機械学会誌
Online ISSN : 1884-6025
Print ISSN : 0285-2543
ISSN-L : 0285-2543
太陽光発電エネルギーで作動する遮光カーテン開閉装置の開発
谷野 章古江 彩森山 友幸井手 治土屋 和
著者情報
ジャーナル フリー

2007 年 69 巻 6 号 p. 57-64

詳細
抄録

定格4.8Wのアモルファスシリコン太陽電池および5時間率容量28Ahの蓄電池で構成される独立電源システムで遮光カーテンをハウス内気温に応じて自動開閉させるシステムを開発した。2004年7月および8月に福岡県農業総合試験場の研究ハウス (間口6m×奥行20m) で開発したシステムの実証試験を実施した。試験期間中, 電力不足になることなく, 遮光カーテンはハウス内気温に応じて1日あたり0から2往復作動した。0往復と2往復はそれぞれ1日ずつであり, 他の日は1往復であった。蓄電池は期間中ほぼ満充電で推移したことから電源の容量は遮光カーテンの作動のためには充分な規模であった。遮光カーテンの動作により, 著しい高温時には顕著にハウス内気温の上昇が抑制された。

著者関連情報
© 農業機械学会
前の記事 次の記事
feedback
Top