人工臓器
Online ISSN : 1883-6097
Print ISSN : 0300-0818
ISSN-L : 0300-0818
完全埋込み型人工心臓用体内予備電池としての各種二次電池の評価
岡本 英治嶋中 瑞樹鈴木 伸也三田村 好矩
著者情報
ジャーナル フリー

1999 年 28 巻 2 号 p. 355-361

詳細
抄録

完全埋込み型人工心臓用体内埋込予備電池として最適な二次電池を, サイクル特性試験により検討を行った. 国産で入手可能なNi-Cd電池, Ni-MH電池, 電極材料の異なる2種類のLi-イオン電池を使用し, 各電池に温度センサを密着後プラスチック容器に密閉し, 37~39℃を維持した恒温漕内水中に沈め, 1C急速充電と, 拍動型および無拍動型モータ駆動人工心臓への電力供給を模擬した電流パターンによる放電を繰り返し, 電池特性の変化を観察した. その結果, ハードカーボンを負極材料とするLi-イオン電池が2500回以上の充放電が可能であった. また, その他の二次電池についても, 1日1回で2年間の使用を満足する700回以上の充放電が可能であることが分かった. サイクル特性試験中の電池の表面温度は, Liイオン電池が最も低く40℃以下という結果を得た.

著者関連情報
© 一般社団法人 日本人工臓器学会
前の記事 次の記事
feedback
Top